2007年 07月 12日 ( 1 )

ダンボールっておいしいの?

中国中央テレビは12日までに、北京市朝陽区の一部露店で、段ボールとひき肉を混ぜて具にした「偽装肉まん」が違法に販売されていたと報じた。販売業者は同テレビの取材に対し「段ボールと肉の割合は6対4で、コストを下げるために行っている。自分では食べない」と証言した。

そりゃ食べねえだろうな!

とはいえ、ダンボールの方が多いなんて・・・

食べた人の感想を聞いてみたいものだ。

問題の肉まんは、使用済みの段ボールを劇物のカセイソーダに浸して黒っぽくした上で、粉々にしてひき肉と混ぜ、肉まんの具として約10分間煮込んで作られる。

というから驚きだ。案外手間かかんじゃん!

もっと驚きなのは、段ボールとひき肉が混ざった具は、外見上は本物と見分けが付かないということ。
[PR]
by summer8s | 2007-07-12 16:25 | ニュース