王子製紙6工場で基準値超

北海道の王子製紙が釧路工場(北海道)など6工場で、2004年7月から今年6月にかけて、大気汚染防止法や地元との協定で定める窒素酸化物(NOx)の基準値を超えたばい煙を排出していたと発表したそうです。これまでに周辺住民への健康被害の報告はないという。

ホントかよ!

いまや日本で改ざんやウソの報告には驚かなくなっているが、王子製紙の関連工場が近くにあるんだよなあ・・・・・こういうのは徐々に体に蓄積されて、20年とか経って悪い部分が出るんでしょう? だから健康被害は今のところないということなんじゃないかなあ。

製紙工場って24時間延々と煙を出しているんですよ。休みなくいつだって煙突からは煙が出ている。製紙工場だけの問題じゃないと思うけど、匂いも結構あるんですよね。もうグッと鼻に来る匂いです。あんなに匂いがきついのに、それを30年とかすったら、やっぱり体には悪いと思うけどなあ。

と書いている最中にも窓から見るとやっぱり煙が見えています。小生の地区では基準値違反は発表されていないけど、発表されていないからといって違反がないわけじゃない。

大丈夫かな・・・・・そう思うと息するのがつらくなっちゃってる今日この頃です。皆さんの地域揮は大丈夫ですか?
[PR]
by summer8s | 2007-07-30 23:00 | ニュース
<< 現代っ子版「雨ニモアテズ」 うちの子の勉強 >>