子供がシートベルトをしたがらない

チャイルドシート着用状況の全国調査では、着用率は46・9%にとどまったそうだ。

1歳未満の子供の着用率は73・7%だったのに対し、5歳の子供の着用率は25%に過ぎなかっらしいが、わかる気がする。

シートベルトは子供にとっては居心地が悪いので、嫌がる。嫌がるとうるさいので、着用をさせないといった具合ではないだろうか?

チャイルドシートの着用が義務づけられている6歳未満の子供が車に同乗中に起きた昨年1年間の交通事故を警察庁が調べたところ、非着用の子供の致死率は、着用していた場合に比べ約9・8倍に上ることがわかった。

シートの着用、非着用が判明した1万2113人のうち、着用していたのは7506人で、亡くなったのは0・04%の3人だった。これに対し、非着用は4607人で、死亡は0・39%の18人。致死率にすると約9・8倍になり、改めてシートの有効性が裏付けられた。

とあるので、違反どうのという問題でなく、安全のために着用させたいのはやまやまだが・・・
[PR]
by summer8s | 2007-07-11 17:55 | ニュース
<< ダンボールっておいしいの? ハリー・ポッター新作見に行くぞ! >>