先生の事務、外部に委託?

教師の事務作業の外部委託や報告書類の簡素化により、学校の先生の負担を軽減し、学習指導や生活指導など「本来業務」に専念させる案が、政府の教育再生会議から出たらしい。

「子供の教育に専念できるよう」に、教師の多忙化の一因となっている事務書類の作成を外部に委託したり、学校事務の共同化、文部科学省や教育委員会などへ提出する書類を簡素化する。

また、教育現場のIT環境を整備したり、校内LANを充実させるよう提言し、授業準備などが容易にできるようにする。

文部科学省が行った昨年7~12月の公立学校教員の勤務実態調査では、残業時間は小学校が月平均約33時間、中学校は約44時間に達している。また、約7割が「授業の準備時間が足りない」としており、特に授業以外の仕事が増えたことを指摘する声が強くなっている。

ということらしいが、子供の面倒をしっかり見てくれるなら別にいいけど、一般の企業ではみんなやってることなんじゃねぇ?

それより仕事の効率を考えるのが、まずは先と思ってしまう。

ボーナス、高くねぇ?
[PR]
by summer8s | 2007-07-01 12:40 | ニュース
<< 撃沈!誤射!自沈!